2021年10月16日

2022年 干支 寅(とら)・寅の仔 木版手染めぬいぐるみ

2022年の干支は寅(とら)。
真工藝では、年末年始に向け
木版手染めぬいぐるみ 寅・寅の仔を
誠意製作しています。
寅.jpg

仔とら.jpg

ご注文は、オンラインストアよりお願いいたします。
下記URLよりご覧いただけます。
https://shinkougei.base.shop/

寅親子 新.JPG

お電話、Eメールからも通販対応いたします。
TEL:0577-32-1750
Eメール:hide-tnk@lake.ocn.ne.jp

営業時間:10-17時 火曜定休

2021年04月30日

端午の節句 製品のご紹介

もうすぐ、端午の節句

真工藝では、木版手染めぬいぐるみ 鯉のぼり セット
子どもの鯉のぼり セット、錦兜を製作しています。
鯉のぼりセット.jpeg

こどもの鯉のぼり.jpg

錦兜.jpeg

錦兜 後ろ.jpg

それぞれ、ディスプレイや収納に使用できる
箱に入れてお届けいたします。

男の子の健やかな成長を願って。
贈り物にも喜んでいただけるかと思います。
場所をとらないので、
お部屋のちょっとしたスペースに飾ることができます。

サイズは、オンラインストアに記載しておりますので
下記URLよりご確認いただけます。
https://shinkougei.base.shop/

お電話、メールからのご注文も承ります。
ラッピング包装も可能ですので、お気軽にお尋ねください。

真工藝
TEL:0577−32−1750
E-mail:hide-tnk@lake.ocn.ne.jp
営業時間:10〜17時 火曜定休

2020年09月07日

2021年 干支 丑(うし)・仔丑

木版手染めぬいぐるみ【丑(うし)】【仔丑】
新しい版での作り込みをしています。

うしこうし.JPG

2021年のお正月飾りに、
大切な方への贈り物にいかがでしょうか。

うしこうし 後ろ.JPG

【丑(うし)】
山野草の咲き乱れる牧野に憩う牛。

【仔丑】
飛騨牛べコ。
野アザミなど牧草が咲き乱れる牧場にて。
赤茶色の和牛の子供です。

仔丑は、
第49回 全国推奨観光土産物審査会にて
「全国商店街振興組合連合会 理事長賞」を
受賞いたしました!

仔丑 賞.JPG

誠意生産中です。
ご注文承っております!

なお、オンラインストアからも
親子セットでお買い求めいただけます。
下記URLよりご覧ください。
サイズや重さもご確認いただけます。
https://shinkougei.base.shop/

お問い合わせは、電話:0577321750
Eメール:hide-tnk@lake.ocn.ne.jp
まで、お願いいたします。

2020年08月03日

2020年 松倉絵馬市 開催のお知らせ

毎年恒例の「飛騨 松倉絵馬市」が
今年も8月9日から開催されます。
店頭でのお渡しのほか、全国への発送もいたします。
真工藝の松倉絵馬をご用命ください。
絵馬 字入り.jpg

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
「飛騨 松倉絵馬」

真工藝 飛騨松倉絵馬
 全国的に絵馬は平安時代に始まり、室町時代後期より牛馬の安全祈願だけでなく、
養蚕満足、病快癒、安全祈願、等を絵馬に託し神社に奉納されました。
 松倉絵馬は、神社ではなくお寺(素玄寺)の観音様(松倉馬頭観音)に祈願される
飛騨独自の伝統的な絵馬です。
子孫長久、正業繁盛、近年では学業成就・交通安全といった切なる願いがこめられ、
開運厄除けのお守りとして現在まで信じ伝えられております。
 飛騨松倉絵馬は、毎年8月9・10日松倉観音堂で縁日が行われ
10日のご来光に厄除け開運を祈願しました。
八軒町通りは松倉街道の別名でも呼ばれ、絵馬市縁日には沢山の店で絵馬が売られ、
賑やかな掛け声や競り声が飛び交う絵馬市発祥の地でもあります。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
真工藝 飛騨松倉絵馬の特徴

@真工藝の松倉絵馬は、皆様に代わり 松倉観音にて参拝・祈祷した 「代参印」を捺印いたします。
A飛騨高山の史跡「天領 陣屋」より許可を受け「陣屋 葵のご紋」の捺印許可を得ています。
B伝統的な松倉絵馬です。「素玄寺 松倉観音」の代参印を捺印します
C幸せが飛び込んできます。家の中に馬が入って行く方向に絵馬を飾ってください
D氏(屋号や姓)と奉納を毛筆で書き入れます
E家内安全・無病息災・交通安全・商売繁盛・学業成就の中から 必要な印を選んでいただき
 (全部でも可)捺印いたします。
F大願成就の印を捺印します。何か大きな願いを一つ託してください。
G1年の開運・厄除を祈願し、絵馬を毎年買い求める伝統が江戸時代より受け継がれています。
 旧家では重ねて貼られた絵馬が何層にもなっているところもあります。
 古い絵馬は お寺の御札・お守りの供養に出していただくか、当社までお送りいただければ
 丁重にご供養させていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
絵馬の種類

・手書き絵馬は 1枚1枚 手描きで仕上げます。
 帯の柄、宝袋の図柄などは全て1点ものとなります。
・手書き絵馬は基本 茶馬です。特注で黒馬、白馬などもお受けいたします。
・代金には代参印料、奉納・氏 記入代金も含まれます。
・縁起物ですので消費税は頂きません
・真工藝 本店で 8月9日〜15日 恒例 松倉絵馬市を開催いたします。
・絵馬のご注文は 店頭で、又は FAX TEL メールでのご注文もお受けします。
・ご予約順に書き上げます。お申し込みは 8月16日(日)締切まで。
 ご予約の絵馬は8月末を最終めどに書きあがり次第 お届けします。

 送料 本州 800円〜 ゆうパック
 代引きは 3万円未満 330円 

振込ゆうちょ銀行と信用金庫がご利用いただけます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
FAX 又は メールでの ご注文は 以下の注文書シートを印刷又はコピー&ペーストして
必要事項を ご記入の上 ご注文ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
キリトリ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
真工藝 飛騨 松倉絵馬 注文書 

*下記必要事項に〇を付けてください。

・絵馬の種類(手描き NO1)(手描き NO 2)
      (手描き 南洋馬 極小)
(木版絵馬 手彩色) 
      (木版絵馬 茶) (木版絵馬 神馬 小)
 
・サイズ 大・中 小 極小

・馬の頭の向き(家に飛び込む方向に貼る) 右頭・左頭


・記入氏をお知らせください (例:田中 氏)(例:真工藝)

・捺印指定  :家内安全・商売繁盛・無病息災・交通安全・学業成就
        大願成就 (必要印に〇。全部捺印も可)

お届け先:

・お名前

・郵便番号・住所

・電話番号

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
キリトリ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


必要事項を記入のうえ お申し込みください。
 真工藝
FAX:0577−33−0118
e-mail: hide-tnk@lake.ocn.ne.jp
ご注文は FAX又は E-mail にて受付いたします

絵馬の種類は以下の内容からご指定下さい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
絵馬 字なし.jpg
手書き絵馬 NO1 大 (60p×90p) ¥10000
         中 (45p×65p)  ¥5000
         小 (30cm×45p)  ¥4000
・・・・・・・・・・・・・・・
手書き絵馬 No.2.jpg
手書き絵馬 NO2 大 (60p×90p) ¥10000
         中 (45p×65p)  ¥5000
         小 (30cm×45p)  ¥4000
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
手書き 南洋馬 極小.jpg
手書き 南洋馬  極小 (15p×22.5p) ¥3500

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
飛騨木版絵馬 手彩色.jpg
飛騨木版絵馬 手彩色
         中 ¥3500
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
飛騨木版絵馬.jpg
飛騨木版絵馬  中 ¥2000
        小 ¥1500
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
神馬.jpg
木版 神馬   小 ¥1500
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
*木版絵馬は凸版の刷です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ご用命をお待ちしております。 真工藝 スタッフ一同

・・・・・・・・・・・・・・・・・
飛騨松倉絵馬 発祥の話

江戸大火の折、高山城主 金森可重の愛馬、「山桜号」は、江戸城の堀を飛び越え駆けつけ、
火を消し止める大手柄に皆が驚嘆し、「飛騨に名馬有り」と絶賛されました。
その後 山桜号は難病にかかり医者にも見放され、飛騨松倉馬頭観音に病治癒の願掛けに
こもりました。
病がたちどころに治ったため、牛馬にご利益大と松倉絵馬市が栄えてゆきました。
文献によると、8月9日(ヤクの日)の夜、たいまつの明かりで牛馬を曳いて松倉山に登り、
10日のご来光に牛馬の1年の無事を祈願した多くの農民がいたとあります。
その後、牛馬は 和紙に描かれた絵馬や木版絵馬に代わり、松倉街道(現在の八軒町通り)の
絵馬を買い求め、絵馬を曳き曳き 松倉山に登るようになりました。
現代では、険しい松倉山に登ることが難しいため、
代参された印を押した 絵馬を買い求めるようになりました。
posted by 真工藝 at 16:36| Comment(0) | 飛騨松倉絵馬

2020年07月13日

真工藝 BASEショップ 不具合修正のお知らせ。

新規OPENしました 真工藝BASEショップの通販において
送料が一つにまとまらない不具合がシステム上で発生しておりましたが、
リセットして複数個のお買い物でも送料が一つにまとまるよう修正しました。

真工藝BASEショップにて
お買い物をお楽しみください。

真工藝通販URL:
https://shinkougei.base.shop/

真工藝 全商品取り揃え。
真工藝木版手染め ぬいぐるみ他の通販は
真工藝BASEショップをご利用ください。

写真は干支仔シリーズ
IMG_9227.jpg
posted by 真工藝 at 16:42| Comment(0) | 工房からのメッセージ

2020年07月05日

真工藝 通信販売BASEショップはこちらから!

真工藝通販URL:
https://shinkougei.base.shop/

真工藝 全商品取り揃え。
真工藝木版手染め ぬいぐるみ他の通販は
真工藝BASEショップをご利用ください。

写真は
来年の干支 丑の親子
丑 親子.jpeg
posted by 真工藝 at 10:33| Comment(0) | 工房からのメッセージ

2020年07月03日

真工藝 通販BASEショップ OPEN!

真工藝BASEショップ開設
https://shinkougei.base.shop/

今までのウェブでの通販が注文〜在庫確認〜代金連絡〜振込確認〜発送と
手間がかかっていましたので、簡単にお買い物ができるよう
ショッピングモール BAEEに出店いたしました。
各種カード、モバイル決済、コンビニ決済、銀行振り込みなど
さまざまな支払い方法に対応しております。
お気軽にショップを覗いてみてください。
IMG_9227.jpg
*今まで通りのメール、FAX、お電話でのご注文も可能です。
 ショッピングモールでのお買い物が苦手な方は
 以前からの方法でご注文ください。
*新規お取り扱い店も常時募集しております。
 お取り扱い希望の事業者さまは
 真工藝 E−mail
hide-tnk@lake.ocn.ne.jp
までメールにてお問い合せ下さい。 真工藝スタッフ一同
posted by 真工藝 at 11:47| Comment(0) | 工房からのメッセージ

2020年04月16日

価格改定のお知らせ

人件費、材料費の高騰により、
令和2年4月21日から
価格を改定することとなりました。

今後も愛される物作りを目指し、
スタッフ一丸となり努力していきますので
ご理解賜りますようお願い申し上げます。

尚、昨年価格変更させていただいた
木版画皿・コースター・ぽち袋につきましては、
価格据え置きといたしますのでよろしくお願いいたします。
posted by 真工藝 at 12:09| Comment(0) | 工房からのメッセージ

新製品のご紹介 木版手染ぬいぐるみ 「こどもの鯉のぼり」

端午の節句
男の子の健やかな成長を願って
こどもの鯉のぼりを制作いたしました。
こどもの鯉のぼり.jpg

色はピンクとグリーン。
2匹一組でオリジナルの箱に入れて
販売いたします。
こどもの鯉のぼり ピンク.jpg
こどもの鯉のぼり グリーン.jpg

以前から発売されている「鯉のぼり」に
こどもの鯉のぼりが仲間入りしました!

こどもの鯉のぼり 親子.jpg

木版手染ぬいぐるみ
「鯉のぼり」 1セット ¥3,190−(税抜 上代)
「こどもの鯉のぼり」 1セット ¥2,860−(税抜 上代)
※価格は新価格で記載しております。

ご予約は
真工藝 
TEL 0577-32-1750
FAX 0577-33-0118
E−Mail:
hide-tnk@lake.ocn.ne.jp
までご連絡ください!

2019年12月15日

年末年始休業のお知らせ

令和元年 12月30日 午後〜 令和2年 1月3日まで
年末年始の休業となります。
よろしくお願いいたします。 真工藝
posted by 真工藝 at 10:08| Comment(0) | 工房からのメッセージ